東京リハビリプレイス | 墨田区で脳梗塞後遺症・線維筋痛症・腰痛ヘルニアを改善

03-6659-2279

リハビリ情報局

理学療法士(PT)と理学療法のリハビリについて学ぶ

2018.10.24

理学療法士とはリハビリの専門家です。ここでは理学療法士がどのような仕事をしていて、どのようにリハビリを行うのか解説します。

 

こんな方にオススメの記事です

・理学療法について知りたい
・理学療法士のことを知りたい
・自宅でもできるリハビリ方法を学びたい

 

理学療法とは

理学療法とは、身体の機能回復・維持を目的に身体と心の両面から働きかける療法の一つです。失われた身体機能を回復・改善することはもちろんのこと、現在の身体機能や健康を維持・増進し、未来のケガや病気を予防するという目的もあります。

介護予防で紹介される効果的な運動法なども理学療法に基づくものなのです。

 

理学療法士(PT)とは

理学療法士はPhysical Therapist(PT)とも呼ばれます。

ケガや病気などで、身体に障がいのある人や障がいの発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障がいの悪化の予防を目的に、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。

 

理学療法士は、人の身体の動作についてのエキスパートであり、寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の改善を目指し、理学療法を用いて「もう一度自由に動けるようになりたい」「ずっと元気でいたい」という想いの実現をお手伝いするのが仕事です。

 

病気やケガの回復を促し、社会や日常生活に戻るまでの役割を担うほか、生き甲斐やその人らしさをサポートする自立支援、生活支援、健康増進、介護予防や、教育や研究などさまざまな場面でも活躍しています。

 

理学療法士は国家資格

理学療法士は国家資格であり、免許を持った人でなければ名乗ることができません。

主に病院、クリニック、介護保険関連施設等で働いています。中には専門性を生かし、プロスポーツのチームに属している理学療法士もいます。

 

理学療法士の主な仕事

理学療法士はリハビリテーションの専門家として様々な取り組みを行います。

 

リハビリプログラムの作成

理学療法士が対象者ひとりひとりについて、医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

 

理学療法を用いた治療

運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、関節可動域の拡大、筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減など運動機能に直接働きかける治療法から、動作練習、歩行練習などの能力向上を目指す治療法まで、動作改善に必要な技術を用いて、日常生活の自立を目指します。

 

理学療法の種類

理学療法は大きく2つにわけることができます。ここでは「運動療法」「物理療法」について解説していきます。

 

運動療法

運動療法とは運動を手段に用いる治療法のことです。機能訓練などとも言われ、皆様がイメージしやすい筋力訓練、関節可動域訓練、歩行訓練などの身体機能回復のための運動訓練のほか、糖尿病、高血圧、心臓病などの治療のためにも行われます。

 

物理療法

物理療法とは、身体に物理エネルギー(温熱、寒冷、電気刺激、光線、その他)を加えることで生理的生物学的変化を起こし、血液循環の改善、筋の緊張や、痛みの緩和などを目的に行われます。

 

自宅でもできる理学療法

椅子に座っている時に姿勢が悪くなっていないかなど普段、何気なく行っている日常的な動作も意識する点を少し変えてみるだけで、それは「リハビリ」となります。簡単にできるものとして、椅子に座って太ももを上げたり、膝を曲げた状態から伸ばしてみたり、足首を動かしてみたりとこれだけでも筋力訓練になります。ストレッチや簡単な筋力訓練など無理をする必要はないので、ご自分のできる範囲でやってみましょう。

※必ず医療機関やリハビリ施設にご相談ください。

 

理学療法士からの一言

皆様はリハビリという言葉にどのようなイメージをお持ちですか。リハビリ訓練室で歩行訓練など汗水たらし頑張ることだけがリハビリだと思っていませんか。それはリハビリのほんの一場面にすぎません。身体機能の維持・改善といった部分をサポートするだけでなく、その人がその人らしく生活を続けるためにサポートする。リハビリに求められるものが増えたわけではなくリハビリが持つ可能性が広がっているということです。その先にどんな可能性が広がっているのかを一緒に見つけていきましょう。

 

「参考文献・サイト」

http://www.japanpt.or.jp/general/aim/physicaltherapist/

理学療法ハンドブック改訂第4版

監修

理学療法士(PT)と理学療法のリハビリについて学ぶ

新山恭平

理学療法士
日本理学療法士協会及び東京都理学療法士協会に所属
認知神経リハビリテーション学会に所属

「一人でも多くの方が自立して生活できるようにサポートしていきます」

プロフィール詳細はこちら

PICK UP
  1. 脳梗塞の後遺症でお悩みの方へ
    脳梗塞の後遺症でお悩みの方へ

    症状や体力に合わせた効率の良いパーソナルなリハビリを提供いたします。

    脳梗塞のリハビリプログラム
    詳細へ

  2. 腰痛・へルニアでお悩みの方へ
    腰痛・へルニアでお悩みの方へ

    日々のリハビリで徐々に症状を改善していきます。

    腰痛・へルニアプログラム
    詳細へ

  3. 線維筋痛症でお悩みの方へ
    線維筋痛症でお悩みの方へ

    当施設では線維筋痛症に効果のあるリハビリをマンツーマンで提供しております。 

    線維筋痛症のリハビリプログラム
    詳細へ

まずはお気軽にお問い合わせ、
ご相談ください!

PAGE TOP