東京リハビリプレイス | 墨田区で脳梗塞後遺症・線維筋痛症・腰痛ヘルニアを改善

03-6659-2279

脳梗塞について

介護の心構え

後遺症を理解する

脳梗塞を発症すると、本人はこれまで当たり前のようにできていたことが出来なくなります。仕事はもちろん、日常生活においても食事や排便といった必ず必要になる行為に関しても非常に手間がかかってしまいます。ご家族も介護を経験された方は少ないと思いますので、脳梗塞を発症し後遺症が残っている方への介助は非常に大変であり、かつ事故につながるケースもあります。脳梗塞のリハビリには時間がかかります。長い期間無理なく介護・介助ができるよう気持ちを整え、また行政のサービスを利用することも重要です。

家族の負担を分担する

脳梗塞を発症した家族を支えることは、時に大きな負担となることがあります。またその負担が長期化することもあります。最初から一人で抱え込んでしまうことは本人・家族にとってもあまりいいことではありません。家族全員でしっかりと相談し負担を分担することが大切です。家族以外にも脳梗塞を発症した方を支える仕組みは地域・行政などにもあります。一人で抱え込まず、まずは役所・地域包括センターなどに相談してください。

自分達にあった介護方法を選択する

自分に合った介護方法を選択することもとても重要です。片麻痺のある方の入浴を手伝うなどは非常に重労働であり、また転倒などのリスクも伴います。また、嚥下障害の方に対する摂食介助も実は高度な技術が必要です。技術の無い方が安易に行うことによって誤嚥性肺炎を発症してしまうリスクもあります。自身で何ができるか?どこからはプロにお任せするのか?をきちんと判断することが大事です。

各種保険を活用する

脳梗塞発症後の後遺症に対し、行政では様々なサービスを用意しています。主には介護保険ですが、医療保険によるサービスも一部行っております。脳梗塞を発症された方にどのような保険サービスがあるのかについてご説明いたします。

  1. 脳梗塞の後遺症でお悩みの方へ
    脳梗塞の後遺症でお悩みの方へ

    症状や体力に合わせた効率の良いパーソナルなリハビリを提供いたします。

    脳梗塞のリハビリプログラム
    詳細へ

  2. 腰痛・へルニアでお悩みの方へ
    腰痛・へルニアでお悩みの方へ

    日々のリハビリで徐々に症状を改善していきます。

    腰痛・へルニアプログラム
    詳細へ

  3. 線維筋痛症でお悩みの方へ
    線維筋痛症でお悩みの方へ

    当施設では線維筋痛症に効果のあるリハビリをマンツーマンで提供しております。 

    線維筋痛症のリハビリプログラム
    詳細へ

まずはお気軽にお問い合わせ、
ご相談ください!

PAGE TOP