東京リハビリプレイス | 墨田区で脳梗塞後遺症・線維筋痛症・腰痛ヘルニアを改善

03-6659-2279

脳梗塞について

脳梗塞の原因

動脈硬化

脳梗塞の原因として最も多いのが、生活習慣病に起因する動脈硬化です。糖尿病や高脂血症を治療せずに放置してしまうと、徐々に脳血管にコレステロールなどが付着してしまいます。また高血圧を放置すると、その圧の高さにより血管が徐々に傷ついていきます。血管の傷を修復しようと、血管内皮細胞などがコレステロールなどを利用し内腔をふさいでいきます。これが繰り返されることにより徐々に血管の内腔が狭くなっていき、完全に閉塞してしまうと脳梗塞として発症します。
長い年月をかけて徐々に進行するものなので、比較的高齢の方に多く起こります。健康診断などで生活習慣病を指摘された場合には放置などせず、一度内科医とご相談いただければと思います。

心房細動

心房細動とは心臓が小刻みに震えることによって起こる不整脈です。心房細動自体は、ポンプとしての役割に関して大きな問題はありません(しかし、駆出の効率は下がります)。しかし、放置してしまうと心臓の中で血液が乱流を起こしてしまい血栓を作ってしまうことがあります。この血栓が脳の血管まで到達してしまうと「脳塞栓」という形で発症してしまいます。
治療には血栓を作らないようにする薬(抗血栓薬)の内服やカテーテルを使用した焼却術(アブレーション)などがあります。心房細動による脳塞栓は脳血栓性脳梗塞と比較し若年に発症することがあります。

  1. 脳梗塞の後遺症でお悩みの方へ
    脳梗塞の後遺症でお悩みの方へ

    症状や体力に合わせた効率の良いパーソナルなリハビリを提供いたします。

    脳梗塞のリハビリプログラム
    詳細へ

  2. 腰痛・へルニアでお悩みの方へ
    腰痛・へルニアでお悩みの方へ

    日々のリハビリで徐々に症状を改善していきます。

    腰痛・へルニアプログラム
    詳細へ

  3. 線維筋痛症でお悩みの方へ
    線維筋痛症でお悩みの方へ

    当施設では線維筋痛症に効果のあるリハビリをマンツーマンで提供しております。 

    線維筋痛症のリハビリプログラム
    詳細へ

まずはお気軽にお問い合わせ、
ご相談ください!

PAGE TOP