東京リハビリプレイス | 墨田区で脳梗塞後遺症・線維筋痛症・腰痛ヘルニアを改善

03-6659-2279

脳梗塞のリハビリ プログラム詳細

脳梗塞プログラム特徴

病院や介護施設などでのリハビリは、
最低限の生活を送るためのリハビリに限定せざるを得ない→病院からご自宅へ戻るため、
介護者の負担を減らしたいなどの残存機能に焦点をあてたリハビリになりやすい、
入院日数や単位数の制限によっても本当の意味での改善させるための時間がとれない→当施設は自費になってしまうが制限がない。

当施設では脳の可塑性と言われる脳機能回復の理論を取り入れ麻痺して動かなくなった手足を動かせるようにするといったリハビリを中心に行います。
麻痺した手足の改善を図るとともに、健側へのアプローチも行うことで身体全体へのバランスを考慮しながら動きやすい身体づくりを目指します。

脳の可塑性とは

脳の神経細胞は、一度失われると、もとに戻ることはない。障害を受けた神経細胞の支配領域が侵されることで脳機能も失われてしまう。
つまり、運動を司る領域が損なわれると手足を動かせなくなってしまう。
以前のリハビリは、麻痺した側の機能は諦めて、動く部分を強化することを重点的に行う傾向にあった。
しかし、最近の脳科学の研究において、リハビリテーションによって損傷した脳領域周辺の細胞など新たな神経回路ができることが明らかになりつつある。
学習や経験で脳細胞のシナプス結合が変わり、運動や行動に変化が現れるという神経可塑性が提唱されている
この理論に基づくと健側で日常生活を成立させるためのリハビリが主流であったが、病側(麻痺した半身)に対するアプローチも含めたリハビリが重要になってくると考えられる。現在では不明な点が多いながらも、臨床結果で脳梗塞後遺症改善の事例が見られており、今後のさらなる解明が期待される。

脳梗塞リハビリプログラムの施術内容

  • 理学療法士によるアプローチ
  • 作業療法士によるアプローチ
  • 言語聴覚士によるアプローチ
  • マシンやレッドコードを用いた運動療法

症状とリハビリ目標に合わせたオーダーメイドの
リハビリプログラムを完全マンツーマンでサポートします。

①自分に最適なリハビリができる
②リハビリの質・量が違う

脳梗塞リハビリプログラムの流れ

STEP.1

カウンセリング

STEP.2

身体評価

STEP.3

目標共有・設定

STEP.4

リハビリプログラムの提案・検討

STEP.5

リハビリプログラム実施

STEP.6

再評価・提案

脳梗塞リハビリプログラムの費用について

リハビリフィットネスプラン

施設を自由に利用できる定額プラン

⽉額:8,000円(税抜)

パーソナルリハビリプラン

1回60分の完全マンツーマンパーソナルリハビリ

1回:10,000円(税抜)

料金について詳しくみる

スタッフからひと言

医学博士

当施設は病院でもない、デイサービスでもない新しい施設となっています。
脳梗塞の後遺症や、痛みなどでお困りの方、当施設には多くの熱意あるスタッフが集まっています。
今日より「動く」明日へ。スタッフ一同全力でサポート致します。

  1. 脳梗塞の後遺症でお悩みの方へ
    脳梗塞の後遺症でお悩みの方へ

    症状や体力に合わせた効率の良いパーソナルなリハビリを提供いたします。

    脳梗塞のリハビリプログラム
    詳細へ

  2. 腰痛・へルニアでお悩みの方へ
    腰痛・へルニアでお悩みの方へ

    日々のリハビリで徐々に症状を改善していきます。

    腰痛・へルニアプログラム
    詳細へ

  3. 線維筋痛症でお悩みの方へ
    線維筋痛症でお悩みの方へ

    当施設では線維筋痛症に効果のあるリハビリをマンツーマンで提供しております。 

    線維筋痛症のリハビリプログラム
    詳細へ

まずはお気軽にお問い合わせ、
ご相談ください!

PAGE TOP